こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

回答受付中の質問

笑福亭鶴瓶 明石家さんまの芸はピン芸人の走り?

現在は古典落語にも取り組んでおられる笑福亭鶴瓶師と
落語家に弟子入りしたがタレントに成った明石家さんま師
共に笑福亭の落語家の一門に属しながら、
「落語家に弟子入りしているが、従来のジャンルではない」と
デビューして10年位の頃は言われておりました。

当時のさんま師の舞台は阪神の小林繁氏の形態模写や
気の合った芸人(村上ショージ師やMrオクレ師等)を交えてコント等を行ったり、
していた記憶があります。
唯当時から客いじりや自分を出しつつ、誰にでも突っ込め笑いがとれるここが人気者に成ったという事だと思います。

鶴瓶師もこの頃は殆ど古典落語をせず、自分の体験談(全裸事件や合格ごっこ等)
を話したり、その話す内に本当に裸になりクレームが来たとか、
大喜利の番組で司会である先代の桂春蝶師等に飛び蹴りをしたり 座布団を投げたり
する奇行で「面白い奴」と云われ人気が出たとされています。

この方達より10年後位にデビューした方は何処かの一門に所属しなくても
デビューできるのでタレント志向の方は落語家に入門しなくてもという風潮になったのでしょうか?
又現在漫才はほとんど師弟関係はありませんが、吉本も養成所が出来るまでは、
何処かの一門に所属しないとデビューできないといわれておりました。

だから、上述の二人は落語家と言うより現在のピン芸人の走りと考えて良いのでしょうか?ご回答お願いいたします

投稿日時 - 2018-02-11 17:01:58

QNo.9427966

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

昔はストリップ劇場の幕間のつなぎのような舞台もありました。
渥美清
三波伸介
南利明
萩本欽一
ビートたけし
東八郎
斎藤清六
などストリップ劇場出身の芸人
昭和30年代から50年代
のちにコンビを組んで売り出した人たちも ここではそれぞれピンでやっていた
コント55号 ツービート など

質問のピンのはしりと言えば上記の人たちでしょうか。

投稿日時 - 2018-02-11 21:58:44

ANo.3

鶴瓶さんやさんまさんが若手として人気が出始めたのは1980年代のあのMANZAIブームくらいの頃で、当時はコンビで人気が出ても人気があるほうがピン芸人のようになっていく形式が珍しくなかったですよ。B&Bの洋七さん、ビートたけしさん、島田紳助さんらは皆なそうです。
あの頃はいわゆる「じゃないほう芸人」は、寂しく消えてゆく運命にあったのです。たけしさんなんてそれでもまだマシなほうで、自分の番組なんかにちょいちょいきよしさんを呼んでいました。だけどきよしさんのほうが「たけしのお零れで食べていく」というのを潔しとしなかったので結構断っていたそうです。確か映画「3-4x10月」は、当初きよしさんを主演で考えていたけれど、断られたんじゃなかったかな。

今のお笑いシーンで活躍する30代後半から40代くらいの世代はそのMANZAIブームを小中学生のときに強烈に浴びて芸人を志した世代で、じゃないほう芸人が容赦なく捨てられてきた姿を見てもきたので、相方を大切にする人が多くなりましたね。オードリーやピースのようにじゃないほう芸人がそのうち人気が逆転したなんてケースも出てきました。

ピン芸人さんについては他の方が回答する通り。今のマルチタレント系芸人のような漫談に縛られないタイプ(牧伸二師匠やポール牧師匠、ケーシー高峰師匠などは漫談ありきのピン芸人さんだと思います)の道を作ったのはタモリさんなのではないかなと思います。

投稿日時 - 2018-02-11 21:15:56

ANo.2

落語家から講談や漫談をされていた方としては笑福亭仁鶴さんや立川談志さんの方が先だと思います

お笑いコンビなどでは みきのりへいさん 南伸介さん 伊藤四郎さん バンド出身のハナ肇さん 他いろいろ MC的な場面で登場する人は多かったと思います

さんまさんは映画・ドラマ需要も無く? 特殊かも知れませんね

たもりさんは飲み屋の店員だったか?赤塚富士夫さんや山下洋輔さんに呼ばれてTVに出だした記憶が 師弟関係無し

参考URL:https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12136-436032/

投稿日時 - 2018-02-11 18:34:23

ANo.1

鶴瓶やさんまがピン芸人の走りではないと思いますよ。

今思い浮かぶだけで、唐草模様の東京ぼんた、声帯模写の江戸家猫八、ウクレレ漫談の牧伸二、現存では白衣の偽医者ケーシー高峰など。

こうした面々は、まだ吉本養成所のはるか以前ですから、キャバレー営業や落語の前座的なところからテレビの普及に伴って、漫才などの隆盛に合わせて、私たちの前に現れたということでしょう。

投稿日時 - 2018-02-11 17:39:53