こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

新型強襲揚陸艦にF35Bを搭載か

先日自衛隊にF35Bを本格導入し既存のいずも型護衛艦に搭載して「軽空母」にするような話が報道されてましたが、続報によればF35Bの母艦をいずも・かがにとどまらず新たに新型船を建造してF35Bを搭載し「強襲揚陸艦」にするような話があるそうです。

日本の強襲揚陸艦の話は現防衛大臣が過去の防衛大臣時代に出始めた話なので、お目出度くも又出してきたようです。
質問ですが、
1、 新規に強襲揚陸艦を建造し、軽空母・強襲揚陸の両用任務に就かせるのが望ましい。
2、 新型船ではなく現在のいずも型護衛艦を小規模改装してF35Bの軽空母とすべきだ。
3、 強襲揚陸艦も既存船の改装軽空母もいらない。
4、 強襲揚陸艦と既存船の軽装軽空母の両方がいい。
どれが一番お目出度いですかね。

投稿日時 - 2017-12-27 11:32:37

QNo.9412159

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

 米国でさえ、航空母艦の減船を計画しているのに、航空母艦妄想の病人の提案でしょうが、周辺国の警戒心を煽って軍拡を招くだけなので、実現しないと思いますね。何よりも、航空母艦は攻撃的戦力であって、防衛力ではありません。

 現在、最も有効な兵器は巡航ミサイルやロボット兵器を大量に積める潜水艦やミサイル戦艦で、航空母艦ではありません。時代錯誤も甚だしい提案ですね。

 なぜ、航空母艦が無力なのかと言えば、相手が航空母艦を攻撃しなければ、往復爆撃などで敵国を壊滅出来ますが、対艦ミサイルや巡航ミサイルで攻撃されると、すぐに炎上したり、沈没する脆い艦船だからです。第二次世界大戦でも多くの航空母艦が沈没していますからね。

 制空権や制海権が取れない軍事力しかない国が航空母艦を持っても意味がありません。

投稿日時 - 2017-12-27 13:50:31

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-01-09 22:03:25

ANo.1

現在建造中の「かが」がどうなっているかは分かりませんが、少なくとも「いずも」には、多くの病人を受け入れることができるスペースが用意されています。
これは、大震災などが起きて災害派遣となった場合にヘリコプターを使って被災した病院から病人を迅速に受け入れられるようにです。先日の熊本地震でいずもも被災地に派遣され、地元の大きな病院も大きな損害を受けたと報じられたので私は一時的にいずもに入院患者が避難するのかなと思っていましたが、結局各地の病院にそれぞれ搬送するということになったようです。

海上自衛隊が保有する強襲揚陸艦が、その本来の任務として使われることはほぼないでしょう。しかし、災害派遣で被災者の救護、受け入れの任務で使われることは大いにあり得るでしょう。というか、それが主任務となるでしょう。
今後、首都直下型地震や南海トラフ大地震などが懸念されますので、そのことを考えたら、強襲揚陸艦はヘリ搭載にして災害発生時には迅速に多くの被災者を受け入れ、搬送できる体制にしておくべきだと思います。F35じゃ被災者は運べませんからね。

投稿日時 - 2017-12-27 13:20:24

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2018-01-09 22:03:12