こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

Yahooニュースによると、北朝鮮がアメリカ本土に

Yahooニュースによると、北朝鮮がアメリカ本土に届く威力のミサイルを開発し、結構な被害が出る力があるらしいです。
太平洋側での核実験を避けるのはもう、不可能らしいそうです。太平洋側の県に住んでるので落ちてきたらと思うと怖いです。しかも、北朝鮮が大気圏での実験を行えば今までとは事態が代わり、戦争になる可能性が高くなり避けられなくなるらしいです。広島原爆の10倍の威力をもったミサイルですし、北朝鮮が太平洋上で核実験を行う回数が増える可能性は高くなっているそうです。

みなさんは、これからのことなどどう思いますか?私が勘違いしている部分があったり、みなさんが知ってる情報があったら教えてください。私もまだまだ未熟なので。
毎回、このようなニュースを見るだけで不安になり何度か過呼吸になりました。

投稿日時 - 2017-12-16 23:15:52

QNo.9408600

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

すべての事が可能性として語ることができないのですが、最近ではアメリカや中国の高官、アナリストが、それぞれの視点で朝鮮半島で戦争が起こる確率が何%かと言う言い方をはじめています。
例えば直近のICBM発射実験の前には元NATOの高官が核戦争が起こる確率を10%、通常戦争の確率を20-30%と言っている記事を見ました。その後、ICBMが発射され、コロンビア大学の東アジアの専門家は現在朝鮮半島で戦争が起こる確率は50%で核実験をすれば70%まで高まると言っています。中国の軍事関係者は、来年の3月までに戦争が起こる可能性が高いと言っています。
確率で言い表せるほど単純じゃないのでこれらは、推定値ですら無く直感に過ぎず、むしろ危険が高まっていると言う世界に向けての警告ととらえるべきなのですが、日本で一般に報道されているよりは危険が高いと感がえている評論家は多いです。
北朝鮮がアメリカに核弾頭を積んだICBMを送り込むことができるかと言うと、殆どの評論家がそれまでにはまだ1年以上の時間がかかると言っています。またそれを実現するためには太平上での実践的な核実験もありうると警戒もされています。
ただ、問題はそう言う状況の中でアメリカが日本、韓国の安全を守ると言うスタンスから、アメリカへの攻撃が可能になる前に北朝鮮を叩いておこうと言う姿勢に変化してきていること。その中で、韓国の文在寅大統領は米中の板挟み状態から思いっきり中国にすり寄る行動を見せ、日米の軍事圧力をかける方針から離脱しつつあること。そうなると、北朝鮮の一番の標的が実践的にミサイルの標的にできる日本になりかねないです。
ほんの少しだけ気休め的に言うと、米朝の緊張は高まっている中でも、アメリカが一枚岩でなくティラーソン国務長官がすぐに撤回したものの、前提条件なしの話し合いの可能性を示唆してみたり、中国も深刻にとらえていることから、話し合いがはじまる可能性も少しは高まっている様に見えること。
いずれにしても、不安になるのは当然です。過呼吸は大変お気の毒ですが、実際に事が起こった時にどう行動するか、生きる可能性や今の内にできることを考えて、心を落ち着けて天命を待つくらいしかできないです。
アメリカのメディアの記者が、北朝鮮の取材をしたビデオを見ました。当局の監視つきとは言えピョンヤンの市民にインタビューしている場面があり、そのなかで女子高生らしい娘に、「朝鮮戦争では何百万人も死んだけど、(戦争は)怖くないの?」と聞いたところ、「どっちみち人間いつかは死ぬんだから」と普通に答えていました。
https://www.youtube.com/watch?v=wabh-YAnDBw&t=1030s
それくらい達観しといた方が良いと思います。
後、安倍政権はトランプと少し距離をおいても、話し合いを誘導する手立てを考えるべきとは思います。今のトランプ政権は言動不一致で気まぐれで何をするか不安で、その中で同盟国サイドから影響力を一番発揮できるのは日本です。

投稿日時 - 2017-12-17 11:01:08

ANo.3

北朝鮮の外相が「ミサイルに搭載した核兵器の実験」を太平洋でやるかも・・・と発言しました。もし仮にそれをやれば確実に米軍による北朝鮮への「限定的」な巡航ミサイルなどによる攻撃が核施設・ミサイル関連施設に対して徹底的に行われるでしょうね。
それに対抗する処置は北朝鮮としては極めて難しい選択になるでしょうね。下手に反撃すれば全面戦争になっては勝ち目はありませんから。

投稿日時 - 2017-12-17 10:30:19

ANo.2

いつのニュースですか?ネットの情報はタイムスタンプを確認しないと。
直近のロケットは、大気圏再突入で分解してしまった。ここの技術がまだできていないので、当分、まともなICBMは完成しないというのが米国防総省の見解です。
しかも、北朝鮮が公表した発射時の写真は背景の星空が編集されているらしい、、かなり怪しくなっています。

投稿日時 - 2017-12-17 09:54:12

ANo.1

太平洋上での実験は日本に程遠い地域です。
ただ太平洋上での実験はリスクが高すぎ、監視衛星ですぐに居場所がわかります。
それにミサイルに核を積めば核兵器そのものですから、それは現時点ではありえません。
潜水艦搭載のミサイル発射実験か、太平洋上での核実験でしかありえないのでは?
太平洋上での核実験では、パルス攻撃問題もそうですし、海洋資源に影響があるので阻止したいところです。

北では別の場所に地下実験場を作ってるみたいなので、海洋での実験はないと思います。
むしろ潜水艦からの発射実験の方が現実的ですね。

ですが、北との交戦で中東にも反米思想が飛び火し、世界大戦になる恐れもあります。
そちらの方がよほど心配ですよ。
ですが安倍・自民党政権は戦争したがってますから危険なのですよ。

投稿日時 - 2017-12-17 00:02:26