こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

忠臣蔵、一番の被害者は誰

私は大石ちからさんです、この若さで、反抗期もあろうかと、思う歳でお父さんの意見に賛同し、15才、16才で切腹、大石内蔵助は皆の手前で息子を差し出したのではないでしょうか

投稿日時 - 2017-12-14 20:09:47

QNo.9407835

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

ooo0000 さん、こんばんは。

吉良家を継いだ義周です。父の代わりに祖父の吉良家を継いだのは元禄3年(1698年)、18歳の時でした。彼は何もわからないまま、赤穂浪士の襲撃を受け、御家断絶の憂き目を見ました。
吉良義周

https://ja.wikipedia.org/wiki/吉良義周

投稿日時 - 2017-12-14 21:14:32

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

フィクションの忠臣蔵なら、下級の家臣でしょうね。食うにも困る生活。

史実の赤穂事件なら、吉良でしょうか。江戸城内で切りつけられ、隠居させられて、襲撃に遭い、殺され、お家断絶。

投稿日時 - 2017-12-15 00:18:12

ANo.2

大石内蔵助は皆の手前で息子を差し出したのではないでしょうか

それはないですよ。
あったとしてもそうするより仕方ない。
その時点で大石主税は元服してますし、徒党の一味ですから。

被害者というならもしかしたら大石自身じゃないでしょうか。
周辺から仇討ちとせっつかれ、正当な意義申し立ての手段もできず、討ち入りしか選択肢がなくなってしまった。

昔ドラマで、新説忠臣蔵 というものがありました。
大石は気の弱い男で、仇討ちなどしたくなかった、という話です。
何か妙に納得できるものを感じました。

仇討ちじゃなく、正式な手続きだったなら。
歴史も変わったのでしょうね。

投稿日時 - 2017-12-14 20:29:17

ANo.1

家臣全員。参加しなかった人含めて。
殿のキレ易さは大内さんも知ってて再三注意してたらしいし。
職場がなくなったら、転職なんてないから、江戸末期の落ちぶれ貴族みたいな扱いになる。
大内さんはぎりぎりまで京都の遊郭で遊んで金なくなったから、その間に動いてた同僚と合流してやる気出したみたいだけど、自暴自棄にはなっていたみたいだね。

ただ、大名間では代々、嫌み合戦は時代構わずあったから、刀抜いたほうがバカだな。
同じ頃。生類憐みの令の・・・犬将軍に対して、平然と犬の毛皮送ったり、手紙で○○が美味しいと将軍が殺しちゃダメって言った対象動物(魚だったかな?)を送ったり。
言葉遊びと知恵比べは江戸時代は必ず会話にあったからね。
「お前、幾つだ?」「鼠の年になります」って答えるのが礼儀。相手はじゃあ、俺が〇年生まれだから、引き算して・・・ああ、21か。とか。相手に考えさせて、理解させるのが礼儀とされていたし。
廊下でクソジジイに合ったら、それなりの返しができなかった。暴力に訴える。家臣なんて考えてなかった殿様が一番悪い。巻き込まれて浪人になった家臣たち全員被害者。
お家下がりさせられて、尼になった奥様惨いです。
ただ、一度、忠臣蔵の墓場・・・ 泉岳寺 (東京)に行きました。入り口で線香100束が100円ぐらいで売ってて、首を洗った場所を横目に、高台にある墓場見たときは、整然と並ぶ墓石見て泣けた。
ひとつひとつに名前が掘ってあって、誰だろうが、こんなに死んだんだって。並んでる数だけ死んだんだって。
それで殿が悪い!って思ったな。

頭がおかしいと言われていた薩摩藩士ですら、水戸さんのご自慢の庭見せられた時、意味がわからないけれど、とりあえず池で泳いで「素晴らしい水でごあーた」なんて言って、相手は「うむ!」で流したりしてたからね。
血気盛んとはいえ、上に立つ者の教育受けていただろうに・・・
それ無視した殿は墓場見て許せなくなったな。
被害者は藩に属してた侍と言いたいかな。

投稿日時 - 2017-12-14 20:28:34