こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

経済学は歴史から考えると言いますが、もし東日本大震

経済学は歴史から考えると言いますが、もし東日本大震災福島第一原発事故が起こっていなかったら社会はどうなっていたのでしょう?

太陽光発電バブルは終わることはなかった?電気自動車の流れは怒らなかった?原発の廃炉の流れやもんじゅの廃炉もなかった?とすると社会の時流は何が主流に躍り出ていたのでしょう?

太陽光発電も普及し、電気自動車の話は無くなっていて、原発はそのまま延長稼働させ続けていて、もんじゅも廃炉にならずに研究が続けられている社会を想像してみてどういう経済になってたと思いますか?

東芝の買収も成功していて、シャープも会社が傾くこともなかった。

投稿日時 - 2017-12-11 15:51:09

QNo.9406698

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

太陽光発電バブル自体が来なかったでしょう。

電気自動車は今より進んでいたかもしれませんね。

電気自動車の、走行時単価の計算方法を見れ見れば分かる話です。
ほとのものは、深夜電力の電気料金を基準に算定されています。

深夜電力は前提条件として、原子力発電がなければ、実現できないものになっています。
原発を完全に停止させるとなれば、深夜電力という電気の安売り方式は無くなりますので、電気自動車の走行距離に対してのコスト試算は、完全にガソリン車に負けることになるんです。(今の走行単価が3倍に跳ね上がるわけですからね。)


もんじゅは、そもそも別の話で、廃炉が決まったものですが。。。

投稿日時 - 2017-12-11 17:01:12

お礼

有難う御座いました

投稿日時 - 2017-12-17 13:54:40

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.5

>経済学は歴史から考えると言いますが、

という言葉の意味を理解していないというのがよくわかる質問ですね。

投稿日時 - 2017-12-11 23:31:02

お礼

有難う御座いました

投稿日時 - 2017-12-17 13:54:11

ANo.2

>もし東日本大震災福島第一原発事故が起こっていなかったら社会はどうなっていたのでしょう?
→社会全体が影響されることは少なかったでしょう。

>太陽光発電バブルは終わることはなかった?→多少影響されたかもしれませんが、電力会社の意向と政府方針との絡みが大きいでしょう。
>電気自動車の流れは怒らなかった?→これは以前からの取り組みで、地球温暖化対策ですよね。
>原発の廃炉の流れやもんじゅの廃炉もなかった?→原発推進はやや後退した程度で、あまり変化無し。もんじゅは、以前から管理状態の悪さを指摘されていましたので、これも変化無しと見ています。
>社会の時流は何が主流に躍り出ていたのでしょう?→原発事故の有無と絡めて考えることはできません。

>東芝の買収も成功していて、シャープも会社が傾くこともなかった
東芝は、確かに原発事業では直接的な影響を受けましたね。
シャープは液晶事業への投資時期(拡大)に失敗でしょう。

このあたりは、個別会社への影響が多くありましたが、日本経済の
動向と先読み(先見の目)が無かったのでしょう。
特にシャープは、有機ELがすでに出始めていたなかで、液晶を
拡大したのですから、素人目でも疑問でしたね。
家電は既に日本企業が先導して行く時代は終わったと思います。

これからは、自動車産業もガソリンエンジンから電気モーター
に変われば産業構造は大きく変化します。
また、AI(人工頭脳)を駆使したロボットが人に変わるかもしれません。
AIに人間が支配される。なんてことも・・・?

投稿日時 - 2017-12-11 16:55:34

お礼

有難う御座いました

投稿日時 - 2017-12-17 13:55:28

ANo.1

あれは自然災害で台風などとはまた違うタイプのものですから、あのとき(2011年)に来なかったとしても、そう遠くはない将来にいずれどこかで来ることは逃れられないものであったと考えるのが自然ではないかなと思います。もしあのときなければ、そのエネルギーはどんどん蓄えられただけなのですから。
いつだったか、東日本大震災が起きる前に地震学会かどこかが将来起きる大地震の確率を発表したことがあって、確かあれはM6.5以上の地震が今後30年間に起きる確率だったと思いますが、宮城県沖は「確率100%」だったのを覚えていますよ。「専門家が100%と言い切るのもすごい」と思ったのと「結局ちゃんと当たって」いたのでとてもよく覚えています。

そう考えると、現実は福島第一原発だけが事故となったわけですが、更に数年~数十年後となっていたらエネルギーがさらに増える分近隣の福島第二原発も同じような大事故を起こし「日本滅亡」となったかもしれません。さすがに福島第一と第二が大事故を起こせば東京からも疎開しないといけなくなったでしょうからね。

またもしそれがアベノミクスのタイミングと合っていたら、アベノミクスが吹き飛んだと思います。せっかく円安に向かっていたのにまた急激に円高となり、日本は底が見えないデフレ地獄だったかもしれません。

あのような巨大地震が起きない現実を想像するのは「ある日西からお日様がのぼったら社会がどうなるのか」というくらいに非現実的なことでございましょう。
「歴史にIFはない」というのは、そういうことだと思います。

投稿日時 - 2017-12-11 16:46:40

お礼

有難う御座いました

投稿日時 - 2017-12-17 13:56:02