こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

仮想通貨

仮想通貨位変な通貨はないですね。誰がこの通貨の有用性を保証するんですかね?

投稿日時 - 2017-10-13 11:15:27

QNo.9385359

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

どこも保証はしません。
信用する人たちの間でしか通用しない通貨です。

投稿日時 - 2017-10-13 11:21:33

お礼

ご回答ありがとうございます。
ビットコイン暴落した時のアメリカの元締めみたいな人逮捕されて、裁判受けてるでしょ。あれ見て、信用が一番低いと思った。あれで、物を買ったり売ったりするなんて信じられないと思いました。

投稿日時 - 2017-10-13 12:15:52

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.9

えろえろさんっす。

>そんなこと言っても、これも市場成長が限界に達したら、暴落するんでしょう?

そうですね。どんなものであれ、バブルというのははじけます。世界最初のバブルといわれたチューリップバブルから日本のバブル、アメリカのドットコムバブルにリーマンショック前のバブルもそうでした。今、アメリカの株式市場は連日高値更新をしておりこれをバブルと指摘する人もいます。世界経済はおおよそ10年周期で金融危機が起きており、直近の金融危機であったリーマンショックからおおよそ10年が経っています。ジャブジャブの金融緩和の副作用によるUSドルの金融不安が起きると指摘する専門家もおり、USドルでそれが起きるならUSドル以上にジャブジャブの金融緩和をしている日本はもっと危険な気がしないでもありません。日本円は異次元の金融緩和に加えてヘリコプターマネーですからね。

さてビットコイン(仮想通貨)においての最大の問題は「どこが市場の限界か誰にも分からない」ところにあります。破綻の日は目の前かもしれないし、もしかしたらバブルが始まってさえもいないかもしれません。実際、こんなにバブルなように見えて「ビットコインのバブルはまだ始まってもいないよ」と指摘する人もいます。
かつてビットコインが100ドルをつけたとき、「これはバブルだ。まもなくチューリップバブルのように破綻するだろう」といわれました。300ドルになったとき、「これはバブルだ。まもなくチューリップバブルのように破綻するだろう」といわれました。500ドルになったら、「これはバブルだ。まもなくチューリップバブルのように破綻するだろう」といわれ、1000ドルになったとき「これはバブルだ。まもなくチューリップバブルのように破綻するだろう」といわれました。ちなみに今日、5500ドルくらいです。
今年の1月に最初の急騰と急落があって、「チューリップがはじけた」といわれました。3月にまた急騰と急落があって「チューリップがはじけた」といわれました。5月にまた急騰と急落があって「チューリップがはじけた」といわれ、7月と9月にもまた急騰と急落がありました。お気づきのように、2ヶ月ごとにバブルがはじけています。
そして急落が起きてビットコインに懐疑的な人たちが「そら見たことか、これでもうビットコインバブルも終わりだ。いずれもう誰も見向きもしなくなるに違いない。ただの電子クズを持って途方に暮れる前に今のうちに売ったほうがよい」と賢明なる忠告をした半月後くらいには、まるで何事もなかったかのように「ビットコイン最高値更新」のニュースが流れるのです。ちなみに直近も数日前に最高値を更新しました。

だから、分からんのです。天井値が。私は今年の5月の27万円くらいだったときに「1年後には60万円になっているかもしれない」と期待しました。それはもうそうあって欲しいという程度の希望的観測でした。年初頃の有識者の予想を今振り返ると、一番強気な人でも「年末に25万円」で、弱気な人は「年末には6万円くらいに落ちているだろう」という人もいました。弱気派は「2016年が良すぎた。2017年も同じように良くなると思ったら失望することになる」といってたんですよね。
つまりもう誰にも分からないのです。これがバブルなのか、それとも正常な普及であるのかもね。何しろ前例がどこにもない存在ですからね。私は2020年まではどうあれ価格は上昇していくであろうと予想していましたが、最近なんとなく2019年までは、と前倒ししました。なんだか価格の上がり方がちょっと尋常ではない感じはします。

ただ仮想通貨を生み出すにはお金がかかっていることを否定派の人たちの多くは知らないというのはありますよね。仮想通貨って、市場に出るまでに紙幣よりお金がかかってるんですよ。マイニング工場というのを作って、何億円もかけて投資して生産しているのです。それを「マイニング(採掘)」というのですけどね。設備投資すれば必ず増やせるものでもないのです。競争に勝たないと手に入らないのです。まさに採掘と呼ぶにふさわしいと思います。
だから、無価値にはならないのです。それを手に入れるまでのコストが存在しますからね。不当に価格が上がりすぎてバブルになるというのはあると思います。でも、マイニングのコスト以下には下がらないというのはあるのですよね。

投稿日時 - 2017-10-13 19:44:00

お礼

ご回答ありがとうございます。
仮想通貨というだけでも工場があり、そこで貨幣を作ってるっていうんですね。でも、そんな事よりも、この流行感の遅さは異常ですね?少なくとも一年で、ビットコインの在り方が理解できるものと思っていました。でも今ここで明らかになったことは私の知らないことですね。しかし、巷でこの仮想通貨が語られるときにはもうバブルだと思っていいでしょう。

投稿日時 - 2017-10-13 20:05:20

ANo.8

仮想通貨位変な通貨はないですね。
  ↑
確かに、変といえば変な通貨ですね。
人類史上始めてでしょう。



誰がこの通貨の有用性を保証するんですかね?
  ↑
システムです。
そのシステムを皆が信用しているので
通貨として通用するわけです。

金にたとえられます。
金は希少で、鉄みたいに簡単に錆びて無くならない
ので、そこに価値があります。

仮想通貨はデジタルゴールド、といわれるほどで
デジタルの世界の金です。

この仮想通貨については、いずれ消滅する、という
説と、新しい通貨として世界中に広まる、という説が
対立しています。

どちらももっともな感じがします。

投稿日時 - 2017-10-13 18:10:31

お礼

ご回答ありがとうございます。
システムというのはこのビットコイン市場の元締めでしょうか?だとしたら、個人になんかやらせるより組織でやらせる必要があります。
私には経済学の知識では国のようなしっかりした組織が保証しない限り、その通貨は紙切れかガラクタだと教えられました。私にはビットコインがそんな風にしか見えないんです。もっともしっかりした通貨なんてそんなにあるわけがない。米ドル、英ポンド、ユーロ、ルーブル、円くらいでしょうか?
私はビットコインがこれらにとってかわるとは思えないんです。

投稿日時 - 2017-10-13 18:56:03

ANo.7

逆説的ですが、誰も有用性を保証していないから信頼されているともいえます。

もし、誰かがその有用性を保証しているなら、その保証しているところが保証できなくなったらその通貨の信頼性は破綻します。それを通常デフォルトと呼びますね。
USドルや日本円は一般的に信頼されていますから誰もデフォルトを起こさないとみんな信頼しているので、通用しています。かつてはUSドルはいつでも金と交換することができました。だから、そのときのUSドルは金によって保証されていましたが、今はUSドルは金との交換は保証されていないので、アメリカ政府を信じるしかありません。実際、為替だって今は1ドル122円くらいですが、80円のときもあったし、250円や360円の時代もありました。通貨の価値も変わるのです。

その点においては、USドルや日本円も「たぶん破綻しないでしょ」という根拠のない信頼に基づいているのです。え?日本政府には根拠がある?1062兆円も借金を抱えている政府のどこに根拠ある信用があるのでしょうか。「なんとなく、ダイジョブでしょ」と国民みんなが思っているから信用不安は起きていないのです。

仮想通貨は、誰かの信用ではなく、みんなのコンセンサスで成り立っています。その仕組みが上手くできていて、ズルをするよりルールに従ったほうが利益を得られるように作られているのです。なので結果的にみんなルールを守るということになるのです。人間は儲かる方のルールに従うという心理を上手くついた仕組みだと思います。
日本円は、日本政府が倒れたら終わり。USドルは、アメリカ政府が倒れたら終わりです。ビットコインは、誰かが倒れたら終わりという仕組みにはなっていないということなのです。こういう概念は今まで存在しなかったので、どうしても理解できない人たちは出てきてしまうのです。
人力と自然の力を使わないと船が動かせなかった時代の人にエンジンで船を動かすことを説明しても、どうしても理解できない人はいるでしょう。今私たちは、全く新しいテクノロジーが生まれた時代に居合わせているということなのだと思います。

投稿日時 - 2017-10-13 15:42:41

お礼

ご回答ありがとうございます。
誰かが倒れたら終わりという仕組みにはなっていないということなのです。こういう概念は今まで存在しなかったので、どうしても理解できない人たちは出てきてしまうのです。
そんなこと言っても、これも市場成長が限界に達したら、暴落するんでしょう?

投稿日時 - 2017-10-13 16:12:53

ANo.6

>ビットコイン暴落した時のアメリカの元締めみたいな人逮捕されて、裁判受けてるでしょ。

マウントゴックスの事件でしょうか?あの事件で逮捕されたのは、元締めでも何でもありません。ただの「ビットコイン取引所(両替所)の社長」なだけです。

逮捕されたフランス人社長は、社内システムを不正操作して、預かったビットコインを不正に消失させただけです。

言ってみれば「銀行の社員が、社内システムを不正に操作して、預金者の口座の預金を消失させた」みたいな事件です。

取引所を銀行に置き換え、ビットコインに日本円に置き換えて考えて見てください。

貴方は「某銀行の頭取が不正操作して、預金者の日本円が3億円ほど失われたから、日本円は信用できない」と言う思考をしますか?

貴方が言っている事は「某銀行の頭取が不正操作して、預金者の日本円が3億円ほど失われたから、日本円は信用できない」と言っているも同然なのです。

信用してはいけないのは「不正操作した社長」や「不正操作した頭取」であって、ビットコインそのものや日本円そのものの信用まで落ちた訳ではありません。

投稿日時 - 2017-10-13 12:50:34

お礼

ご回答ありがとうございます。
日本円とビットコインをごタマゼにしないでください。仮にも日本国の公式通貨。ビットコインは仮想通貨といっているけど、ただのメダル。3億も隠すなんてことを考える不正操作をする。また、金融に大波乱が起きますよ。リーマンショックの何倍もあったりして…

投稿日時 - 2017-10-13 13:05:34

ANo.5

>仮想通貨位変な通貨はないですね。

特に変ではありません。

>誰がこの通貨の有用性を保証するんですかね?

所有者全員です。

仮想通貨も、法定通貨も、地域通貨も「保証する人が居るから流通する」のです。

逆に言うと「価値を保証する人が居て、流通しているモノ」が「通貨」と言えます。

例えば「商店街の商店に持って行けば、100円分のお買い物が出来る、地域限定の地域通貨」も「通貨」です。「商店街の商店会が価値を保証している」と言う時点で「通貨」足り得ます。

「国が保証する通貨は変ではなくて、国が保証してない通貨は変である」と言うのは偏見です。「保証するのが誰であろうが通貨は通貨」です。

国が保証する法定通貨であっても、絶対ではありません。ジンバブエ・ドルのように「法定の公式通貨だったのに廃止されて紙くずになったモノ」も存在します(廃止=国が保証するのをやめた)

投稿日時 - 2017-10-13 12:34:35

お礼

ご回答ありがとうございます。
私はこれ禁止したほうがいいんじゃないかと思うんです。だって、保証してくれる人がいないんだもの。唯のごみみたいで通貨とはみなしがたい。怪しいものが流行すると、大波乱の前兆だという事もありますのでね。

投稿日時 - 2017-10-13 13:01:33

ANo.4

ビットコインは成功した詐欺通貨です。古典的な通貨詐欺システムをネット上で国境をまたいで行ったという画期的なものであるということですね。過去の通貨同様に恐慌が訪れるまでは上昇し続けます。
ただし現代の通貨を模倣したものです。また世界的に国債発行が行われまくっている流れの中で、あぶく銭がビットコインにも流れ込んでいる状態ですね。

ドルも円も元も通貨の有用性を保証などしていません。その国の政府が通貨の有用性を保証しているという作り話を 暗記が得意なだけの経済学者がしているだけです。アメリカが金と通貨を1:1で保証していると言いながら、実際には保有する数倍の通貨を発行し散財していたのと同様に、現代の通貨には何の保証もありません。保証なんてできるわけないのです。
リーマン・ショック時のように大きな破綻があれば、共産国と同様の強権政治であらゆる手段で権力機関の保護をすることで、不都合な結果はなかったことにして、「はい元通り」「権力者には責任はありません(表では言えないけど)」「自由主義市場です(嘘だけど)」って権力を守るだけです。ただしこれは権力が一極集中状態にある時には成功しますが、そうでない時には大きな戦争になります。

投稿日時 - 2017-10-13 12:16:40

お礼

ご回答ありがとうございます。
ビットコイン暴落した時のアメリカの元締めみたいな人逮捕されて、裁判受けてるでしょ。あれ見て、保証されていないというのがみそですね。信用が一番低いと思った。

投稿日時 - 2017-10-13 12:17:54

ANo.3

おおむかしの洟垂れ小僧が「メンコ」や「ベーゴマ」を集めたり,未開民族が石貨を集めたりして,彼らのあいだで交換価値をもっていたのと似たようなものでしょう。まだベーゴマは実体があり鉄くずとして再生資源になり,石貨は玄関の踏み石になりえます。それ以下 笑。

投稿日時 - 2017-10-13 11:45:33

お礼

ご回答ありがとうございます。
ビットコイン暴落した時のアメリカの元締めみたいな人逮捕されて、裁判受けてるでしょ。あれ見て、信用が一番低いと思った。

投稿日時 - 2017-10-13 12:14:55

ANo.2

 
仮想通貨には二種類あります
ビットコインやイーサリアムの様な物は「通貨」の名称を使ってますが通貨ではありません商品です。

もう一つの仮想通貨、みずほ銀行や郵貯銀行が発行を考えてるJコインは通貨と同等です、これらの銀行により1コイン=1円と保証されてます
 

投稿日時 - 2017-10-13 11:39:54

お礼

ご回答ありがとうございます。
ビットコイン暴落した時のアメリカの元締めみたいな人逮捕されて、裁判受けてるでしょ。あれ見て、保証されていないというのがみそですね。信用が一番低いと思った。あれで、物を買ったり売ったりするなんて信じられないと思いました。

投稿日時 - 2017-10-13 12:16:50