こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

回答受付中の質問

なぜ日本人は鯨を取ること(捕鯨)を止めないのですか

なぜ日本人は鯨を取ること(捕鯨)を止めないのですか?私はロシア人のハーフです。最近、日本は研究の目的で取った鯨の大多数が実は食用で取られたことを悟ってまじでショックでした。もう鯨は
絶滅危険ですよ。あなたたちのせいで生態系に異常が出来たらどうするつもりですか?もしかして、地球を破壊するつもりじゃないでしょう?鯨以外にも食べ物は多いのになぜ止めないんですか?鯨の肉がそんなに美味しかったのですか?全然理解出来ません。

投稿日時 - 2017-07-17 18:49:43

QNo.9352875

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(18)

ANo.18

簡単に言えば食文化だからです。

それにクジラは現在では増えていて、小魚などを食べイワシなどは減っています。
ある程度間引かないと海洋資源はなくなります。

クジラは以外と美味しいし、牛肉よりもヘルシーなのは科学的にも実証されていますしね。

ではなぜ捕鯨反対運動が起きるのか。
反対運動してるのは主にアメリカとオーストラリアです。
その主張に乗っかって世界中が反対してる。
結局はクジラという肉を食べられると自国の牛肉が売れないからです。
自国の牛肉を売りたいから捕鯨反対を主張してるだけです。
日本は絶滅するほど捕獲していません。
絶滅させていたのは欧米です。
ただ脂をとるためだけに。
欧米は日本に対してそういう嫌がらせを繰り返し、自国の食料を売りつけています。
なので捕鯨をやめる必要などありません。
むしろグリーンピースなど嫌がらせ団体であり、シーシェパードは明らかなテロリストです。

もし世界中の牛がBSEに汚染されたら、我が先に欧米は鯨を乱獲するでしょうね。
そういう自分勝手なのが欧米です。
食という文化をあれこれ言われたくはないですね。
本当に絶滅するのなら日本は自重しますし、養殖のように増やすこともできるのが日本人ですから。

投稿日時 - 2017-07-23 13:09:41

ANo.17

今行われているのは生息調査をした後の余剰利用にすぎず、大した量ではありません。捕鯨反対を叫ぶ国の多くは生息数を把握さえしておらず、はっきり言えば大半の国民は観光資源として以外に興味は無いのです。クジラが日本で食料として貴重だったのは戦後の30年程度にすぎず、それ以前も以降も一般的な食糧ではありませんでした。戦後は食糧が不足していたので大量の肉が得られるクジラは重宝されたというだけのことです。

投稿日時 - 2017-07-23 08:32:52

ANo.16

roshiabanzai さん、こんばんは。

昔から、日本では捕鯨をしていました。クジラを余すところなく使っていたのです。クジラの髭の部分がないと江戸時代からの文楽の人形の操作ができないそうです。もちろんお肉も食べていました。私も小学校の給食ではクジラの肉を食べていた一人です。戦後は貴重な蛋白源だったというの知っています。でもいまではそんなに大っぴらに食べているだけはありません。せいぜいお酒の友でしょう。

投稿日時 - 2017-07-23 08:27:40

ANo.15

結構勘違いされていますが、ミンククジラは、増えていたはずです。
日本で主に捕獲しているのはミンククジラです。
ですが減っているといいつづ受けています。
日本で増えている様さ結果を調べた上で報告しても、減っているとなります。

太平洋がクジラでいっぱいになったとしても、捕鯨反対派は、クジラは絶滅危惧種だと言い続けるはずです。

理由があります。
日本の経済力を嫌っている団体がいるんです。
主にイギリス貴族系なのですが、そこから、環境団体に活動費名目の寄付金が大量に送られています。
その環境保護団体はそのお金をもらうために、クジラを守らないと行けない。と言い続けています。
(言い続けなければ活動費がもらえなくなりますので。)

捕鯨を反対している団体の、活動費がどこから支払われているかを調べればその辺のことは結構すぐにわかる話なんですよ。
その辺情報操作されてしまっているんですよね。

また、クジラは日本だけでなく、アラスカでも捕鯨は行われています。
アラスカでの捕鯨は、なぜか反対されていません。
なんでだと思いますか?

日本じゃないからなんです。同じクジラなんですけどね。

また、日本の場合、クジラは、皮骨ヒレから、ヒゲまでほとんど余すところなく食用や工芸品として使われます。
肉の一部だけ絵食べて、あとは捨てている国とどちらがきちんと使っているのかというのも考えられてください。

ただ、こういうことを質問される方の場合、そういうことは全て嘘だと、信じ込まされています。
その環境団体の資料でないもので、自分で調べられてみてください。
そうすると、真実というのが見えてくる様になりますよ。

投稿日時 - 2017-07-21 00:36:14

ANo.14

絶滅するほどとってませんよ。生態系に異常など出ません。
中国や韓国は犬を食べます。私はそれを好ましいとは思いませんが、否定や批判派しません。それぞれの国の文化や風習があり、それを尊重するからです。一方的な目線で否定することは視野狭窄です。

個人的に言えばスターリンが自国民を2000万人も虐殺したことや、不可侵条約を破って北方領土を強奪したことを私は理解できません

投稿日時 - 2017-07-18 17:38:59

ANo.13

日本では鯨を何百年も食べてきたからです。
つまり、鯨は寿司や天ぷらと同じ日本の食文化のひとつです。

海外「竜田揚げうめぇ!」米国人が初めて食べた馬肉&鯨肉の美味しさに感動
http://dng65.com/blog-entry-3261.html
食べてその美味しさにハマる外国人もいるようです。

ちなみに、鯨の数が減ったのは日本だけが原因ではなくアメリカなどがが脂をとるために大量に捕獲したりしたからです。
また、現在の日本で消費される鯨の量はたかがしれてます。
また、捕鯨は日本だけが行っているわけではありません。

投稿日時 - 2017-07-18 15:39:45

ANo.12

私も不思議で理解できないです。
「食用」だというのですが、私はクジラなんかほとんど食べたことないです。
どこに売っているんでしょねぇ。魚介類のコーナー?肉のコーナー?
私的にはクジラ漁とその関連産業は存在していないのと同じです。「捕鯨はやめるべきだ」と外国に言われていると知って、「あ、そんな産業があるの」と気が付くだけです。
だいたいクジラを採ることのなにが日本の伝統なのか知りません。口にしたことも見たこともないものを、伝統だとかどや顔でいわれてもねぇ┐(´∇`)┌

投稿日時 - 2017-07-18 12:44:06

ANo.11

 国際捕鯨委員会という組織がありますが、捕鯨を絶対にさせない事が大前提の組織になりました。本来の目的と全く別の組織になっています。
 国際捕鯨委員会は現在の鯨の状況を知りません。
 科学的調査結果は全て無視しています。
 鯨が増えているという事は不都合な真実であり絶対に受け入れる事はできません。
 鯨が減っているという結論は絶対に動かせませんから捕鯨国は野蛮な民族だと主張します。

 世界はもうすぐ食糧不足になります。食べ物を奪い合い戦争になるかもしれません。あらゆる事を考えておく必要があります。

 あなたは牛を食べますか?
 魚を食べますか?
 人は命をいただいています。

投稿日時 - 2017-07-17 23:51:11

ANo.10

>もう鯨は絶滅危険ですよ

まず大前提として、鯨が数を減らしているのはもう過去のことです。今は増加傾向にあり、絶滅の危険はありません。
そしてそれ以上に強調したいのは、そもそも鯨を絶滅寸前に追い込んだのはどこのどなたさんなのですかということです。日本人ではなく、白人です。電気が発明される前、灯りの燃料源にするために鯨を乱獲しました。そこを棚上げにして「だって可哀想」には、自分たちの都合の悪い事実は見ようとしない白人の都合のよさを垣間見る思いがします。そう、白人はいつも自分たちがやった悪いことは決して認めようとしないのです。

また実はノルウェーなどでは一部捕鯨をしているところがあります。なぜかわかりませんが、そちらは伝統として認められるそうです。なぜノルウェー人はOKで、日本人はダメなのでしょうか。白人ではないからだとしか思えないですね。

口汚いことをいわせてもらえれば、ウォッカ飲んで飛行機を操縦する国の人にいわれたかないです。なぜロシア人はウォッカを飲まないと飛行機を操縦できないのですかね。日本人の感覚では、パイロットがお酒に泥酔しているなんて全然理解できません。

>あなたたちのせいで生態系に異常が出来たらどうするつもりですか?

環境破壊のスケールにおいては、白人に黒人アジア人はかないません。例えば中国人はいくら環境を破壊しているといってもそれは自分の国です。
でも白人は人の国に行って環境を破壊します。違いますか?リョコウバト、クアッガ、ブルーバックス・・・だいたい白人がヨーロッパ以外のところに行って絶滅させたものです。鯨も、白人が太平洋にやってきて乱獲して絶滅寸前に追い込みました。
そういう自分たちの都合の悪い事実を見ないで他人種を見下す視線でモノをいうのが私が白人の気に入らないところですね。あなたは、無意識のうちに白人主義でモノをいっています。

投稿日時 - 2017-07-17 20:47:11

ANo.9

なぜロシアは日本固有の領土の北方四島を返さないのですか。
ロシアは広い領土有りながら盗っ人猛々しく北方四島を日本から略奪した。
せこいロシア人全然理解出来ない。
広い領土に物足りず泥棒呼ばわりされても北方四島ロシアの物にしていたいのか。

投稿日時 - 2017-07-17 20:34:35

ANo.8

参考のご案内します。さまざまな理由はあるようです。
例えば、海洋資源を鯨が大量に消費してしまうと、
お魚を食べることは難しくなります。

比較的身近な似た問題として、
シカやイノシシやツキノワグマが増えてしまい、
農産物だけでなく、自然環境に悪影響あたえて
いることが確認させています。
鯨も種類によっては増加しているものがあるので、
人間による漁業と鯨の影響があわさったときの
悪影響が心配されてます。

クジラは絶滅に瀕しているのでは。世界中にどのくらい生息しているのでしょう
http://www.whaling.jp/qa.html#03_02

シカやイノシシなどが増えたのは、猟する人が
居なくなりつつあることが大きいです。
以上のことから、私は調査は必要と考えます。

あと知能が高い動物としてゾウがいますが鯨ほど注目されていません。
遠くの仲間と極低音の鳴き声で通信したり、
仲間が死んだ場所では、群れがあつまり黙祷のような行動してます。
これらから、ゾウには文化や文明があってもおかしくないです。
大脳も大きいですし。
ゾウは本当に絶滅しかかってます。
なぜ鯨なみに、守る気運が高まらないか全然理解出来ません。
(本当は知ってます。鯨保護でないと資金があつまらないからです)

参考にならなかったらごめんなさい。

投稿日時 - 2017-07-17 20:21:28

ANo.7

犬食べてる国には、何にも、言わないの?

投稿日時 - 2017-07-17 20:18:18

ANo.6

文化じゃないですよね。
食癖みたいなもの。

食肉としては、ほっといても、そのうち需要無くなるでしょう。

今、好きで食ってる人に、明日から止めろと言っても無理でしょう。

私は食べてませんが。イルカも。

投稿日時 - 2017-07-17 19:47:23

自分は日本人ですが、鯨はあまり食べません。

おっしゃるように特定種の鯨は頭数が減りレッドリスト扱いになっている
かもしれませんが、日本が食用に取ることを主張している鯨は頭数が多すぎて

他の海洋資源に影響を与えている種類のものだと思います。

また、ロシアやアメリカなどの潜水艦などのソナーによる鯨などへの
深刻な被害の方が、調査捕鯨などよりもはるかに深刻な被害をあたえている
と思います。

そういったことも含めて調査するためにはまず、日本が主張している
調査捕鯨は行うべきだと思います。

投稿日時 - 2017-07-17 19:33:17

ANo.4

もう鯨は絶滅危険ですよ。
  ↑
日本の調査では増えていますよ。
欧米は、調べもしないで減っている、と主張している
だけです。

それに、絶滅云々に到ったのは、欧米が乱獲
したのが原因です。
自分で原因をつくっておいて、日本にそのツケを回す
のは、すこしあくどいのではないですか。

投稿日時 - 2017-07-17 19:32:06

ANo.3

ひとつには需要があるからです。絶滅するかどうかは調査中です。

ふたつには,捕鯨をやめると技術が途絶えてしまうからです。

みっつめには,アホな外国人に「はいそうですか」と応じてやめるわけにはいかないからです。

なに,世界中で食料不足になれば,どの国も捕りだしますよ 笑。

投稿日時 - 2017-07-17 19:12:31

補足

君らは鯨を虐殺している。アメリカすらもこんなことはしてない。日本人は本当に残忍なんだ!

投稿日時 - 2017-07-17 20:30:52

伝統だからです。善悪や環境や国際関係などより先人から引き継いだ日本文化を守ることのほうが優先されます。

投稿日時 - 2017-07-17 19:08:07

ANo.1

まずはもう少しご自分で各国のクジラの捕鯨数の遷移を調べてみてください。

お隣の某半島国家では、日本よりも多くのクジラを食べています。

定置網にかかったものは捕獲に数えないという隙間を利用して自分勝手に捕鯨して解体して売っています。

韓国や中国の違法漁船のことはご存じないのでしょうか?
国際機関はブラックマネーで買収された委員がすべての責任を日本に押し付けているような感じがします。
某半島国家はその手のロビー活動が得意で正当な外交活動だと思っているようですからね。
買収される委員や外交官にも問題オオアリですけどww

投稿日時 - 2017-07-17 19:06:02