こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

回答受付中の質問

不倫依存について

36歳主婦です。

夫とは大学卒業と同時に結婚しました。夫は優秀な人で、私には勿体ない位で申し分ないのですが、元々性欲が余りなく物足りなさは感じていました。
20代の頃から、片鱗があったのですが、30代に突入したころからめっきり無くなりました。私も夫を異性として見れなくなり、お互い人生のパートナーと思って生活しています。また気まじめな夫に、段々とつまらなさも感じてしまい、私は職場で他の男性と食事に出かけたりするようになりました。

最初こそは一線を越えるのは、言語道断と思っていたし、食事に出かける程度で満足していました。
数年前に職場で知り合い、付き合った独身の男性と初めて一線を越えてしまい、またその男性が夫とは真逆のタイプで、惹かれてしまいました。
彼も最初こそは本気ではなかったと思いますが、2人で共有する時間も増え、感情的にぶつかり合っていくうちに、お互い離れ難い存在となりました。
ただどうしても彼との結婚生活が、私には描けなく、不倫関係でいいと思っていました。
彼は独身で彼女もいなかったので、私に求婚してきました。夫と離婚するか、彼と別れるかの二者択一を迫られ、私は辛かったですが、後者を選択しました。
彼との交際期間が長かったのと、不倫後遺症のようなものに苛まれ、1年後に転職した職場で、また独身の男性と付き合い始めました。
彼は私のことが好みのタイプだったようで、体の関係を迫ってくる訳でもなく、ただ傍にいたいと言われました。
会っていくうちに私の方から、一線を越えてもいいよと彼に告げました。
やはり、その前の彼が忘れられなくて、彼で穴埋めしようと思っていました。
この彼も独身だったせいもあってか、夫と離婚して欲しいと懇願してきたので、それは出来ないと伝え、別れました。

それから3年経った今、現在の職場は恋愛対象になるような男性は誰もいません。
殆どアルバイトの若い子ばかりで、毎日が楽しくないです。
かと言って、不倫していた時は楽しかったのかと聞かれたら、感情が揺さぶられて、一喜一憂したり、相手に罵られたり、楽しい事は少なかったような気がします。
今思えば、ただ単に刺激があっただけなのだと思います。また誰かに想われているという高揚感だったのでしょうか。

友人も「そんな事ばかりじゃなくて、他に楽しみ見つけなよ」と言ってくれますが、
長い間、不倫に浸かっていた私には中々難しいようです。

出会い系には全く興味もないです。ホストクラブなど行きたくもありません。

今は空虚感でいっぱいです。ただ生活はそれなりに充実しているのかもしれません。
不倫していた頃の自分は女として輝いていたのではないかと、そればかり考えています。
無理やり相手を見つけるような真似はしたくないのですが、毎日物足りなくて、このまま人生が終わるのかなと考えると、時々絶望的な気持ちにもなります。

どうしたらこの気持ちは落ち着きますか?
拙い文章で申し訳ないです。

投稿日時 - 2017-06-07 11:40:01

QNo.9338237

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(16)

ANo.16

離婚しな。
離婚したら誰とでも何人とでも体の関係もてるよ。

投稿日時 - 2017-06-25 20:37:58

ANo.15

あなたは、伴侶と別れ自由に生きた方がいいのでは?
晩年に寂しい思いすれば、自分のしてきたことがわかるでしょうから^^

あなたと一緒にいる旦那さんがかわいそうです^^;

ATMとしか見てないんでしょ?

投稿日時 - 2017-06-16 19:33:15

ANo.14

  まず、言える事は「不倫依存」あり得ない。なぜかは、不倫とは本来倫理観から外れる行為の事を言う。
言うのなら、「S○X依存」と言うべきだが、貴女の場合は、依存まで言っているとは思えない。
男なら、誰でもよいという事ではなく、相手を見つけるまでは、性行為自体も制御できていると思う。

 結婚状態は、はっきり言って仮面夫婦。ご自身で双方が相手を異性と見ていないと行いてる事からも判断できる。
貴女は、最初の不倫相手と結婚生活が思い描けないのは、相手の収入では今以上のよい生活が送れないと思ったか、
現状の仮面生活での自由を謳歌できないと判断された結果と言える。
不倫するたびに、夫の男としての魅力に欠ける事を挙げている事からも、惰性で婚姻関係を維持している。

貴女が、毎日物足りなさを感じ、絶望するのは周囲の人から見れば、勝手に落ちぶればよいと思うでしょう。
では、物足りなさを感じるのか、貴女は男に対する依存心が強く、相手に何かをしてもらいたいと思いも強い。
家事や仕事も無難に熟していられても、それは流れ作業と同じで特別に考える事はしていないと思う。
常に相手に考えてもらい、その恩恵を享受している人生。

 性行為は快楽を求めていると意識では感じているが、本来は生殖活動(子作り)であることを忘れてはいけない。
夫婦の間に子供はいますか。(仮面夫婦の状態で子供がいたら、その子は悲惨ですね。)
子供がいないのであれば、貴女が男を捜しているのではなく、オスを探しているのかもしれない。

 今の生き方を続けていけば、認知症に早くなるリスクが高まる。「恋愛依存」認知症のリスクが高いと言われている。
不倫の事実を夫に知られたとき、夫が貴女に対して少なからず、執着していれば、その怒りは凄まじいか、
水面下で、着々と離婚の準備を整えて、一挙に貴女を奈落の底に落とし込む事になるでしょう。
そうなると、貴女の友人も一挙に縁を切ってくる可能性大きく、仕事も周囲の無言の圧力で退職になりえる。
最悪は親類(親・兄弟含めて)絶縁される事も念頭入れておくとよいでしょう。

 最後に、貴女の現状を打破する最も有効な事は、誰かにしてもらうのではなく、
自身で考え行動する事(本能に任せて惰性で生きていかない事)。安穏とした生活に胡座をかいていない事。



 
 
 

投稿日時 - 2017-06-16 17:26:20

ANo.13

貴女の場合、不倫依存とは言いません。

単なる「男と性に飢えてる人妻」です。
はっきり言って読んでいて気持ち悪かったです。

>元々性欲が余りなく物足りなさは感じていました。
何だかんだと言ってるけどだからって不倫して良い訳なんてないんです。

>会っていくうちに私の方から、一線を越えてもいいよと彼に告げました。
本当に気持ち悪いです。

ご主人の気持ち・立場に立って考えてごらんなさいよ。

>現在の職場は恋愛対象になるような男性は誰もいません。
職場を仕事を何だと思ってるの?
男漁りの為に仕事してるんですか?

>どうしたらこの気持ちは落ち着きますか?
離婚して特定の男を作らず適当に遊べば?
風俗でもいいんじゃない?あなたを気に入った男性が指名してくれる。

チヤホヤされて満足するでしょうよ。

投稿日時 - 2017-06-09 11:59:54

ANo.12

恋多き女性ですね、羨ましいです。
まずは旦那様と正式に離婚されて、一から運命の男性を探してみてはいかがですか。きっと身体も心も満たされる男性が現れることでしょう。
お幸せに…。
何か趣味など没頭できるものはないのでしょうか。禁断症状を抑える手助けになると思うのです。

投稿日時 - 2017-06-08 11:27:50

ANo.11

最近多過ぎる不倫TVドラマの見過ぎです!
見なければいいのです!

投稿日時 - 2017-06-08 09:58:06

ANo.10

やはり新しい恋愛かなあと思います。
自分でコントロールできるのなら、
新しい相手をできれば複数人見つけて
ほどほどの関係性で継続していくのが
ご自身的に安定はするでしょう。
ただ36歳ということで、アルバイトくんたちウケがイマイチということは
年齢にかかわらずモテるタイプではなさそうなので
漁場は年齢層高めで既婚者の多い場所がいいんじゃないでしょうか。
おそらく
向こうから来てくれるのがいいのであって
ご自身で動くのは違うっぽいので
「そういう環境に身を置く」ことが良いかと。
転職でも新しいサークル所属でもいいですが
新しい場所を探してみるといいんじゃないでしょうか。

ご主人は保険として残しておきたい
でも物足りないから彼氏は欲しい
どちらが欠けてもダメなのでしょう。
どちらも失わないように、ほどほどに・・・
うまくやる器がなければ
女性として今よりも需要がなくなってきたとき
みじめな道を歩むことになります。

投稿日時 - 2017-06-08 01:37:19

ANo.9

自分をコントロール出来ている合いだわ問題ありません、貴女のなかに旦那に申し訳な感じが貴女を押しとどめていると、思います、30歳で旦那はセックスレス、不倫の刺激と言うより女なとして、体の欲求欲望、セックスと刺激があつても不思議でわありません、男があつて、女性の欲望わ駄目だと、有のわおかしい、健康たいの人ならムラムラきても当たり前です、結婚して刺激を感じる体になり、30代で急にセックスレスになれば当たり前かもしれない、旦那なも、仕事上、メンタル的にセックスに感心が薄かったり、なくなったりしたかも、また、着ずいているかも、着ずかないふり気持ちかも、それも心ずかいです、いずれ自然に欲求が薄くなるか、違った事とに目が向いて行くかも知れませんね、男は頭でセックスしますが、女はからだでセックスする、ので不倫映画見たいに綺麗なストリーイでわない、後で後悔いするパタンである、

投稿日時 - 2017-06-07 18:57:51

ANo.8

夫にも、社会的にも、ばれなきゃいいんですよ。
ばれないようにはいくらでもできるはずです。
顕示欲など出さず、完全に隠し通そうすればばれないです。
スリルを楽しむというのもやめてください、とにかく秘密の関係は隠し通してください。
ばれたら殺されるぐらいのレベルで隠しとおせばいいんです。

投稿日時 - 2017-06-07 17:35:29

ANo.7

不倫依存症ですね。
一度体験すると抜け出せないでしょうね。

20台後半から30代前半の独身男性に惹かれるのかな?
結婚適齢期の独身男性をもてあそんじゃダメでしょ。
独身男性の貴重な時間を奪って彼の人生を狂わす気ですか。

同年代の既婚男性では無理なのかな?
セックスレスでパートナーを探してる男性はいると思います。
批判覚悟で書きますが、そういう男性と恋愛ごっこを楽しめば良いと感じました。

投稿日時 - 2017-06-07 16:31:19

ANo.6

「不倫依存について」というタイトルのご質問ですが、ご質問文書を拝見していると単純に不倫の行為に気持ちが行きますが、あなたの問題は不倫そのものの行為を欲しているのではなく、満たされない心をたまたま不倫という行為によってカバーしていただけだと思います。

日々の暮らしの中で物理的には満たされていて文句はないが、心の状態は「よかった」とか「ホッとする」と言った「衝動」の次元での満足感が得られていないのでしょうね。生きるための食欲とか睡眠欲の実現には文句はないが、心的な欲求はほど遠い、という感じでしょう。

ご主人との対話に新鮮味が感じられないのなら、将来の希望を見いだせないのなら、他に探す以外無いでしょう。まず、あなたという人のものの考え方を分かってくれる人です。身体を目的にしなくても良いではありませんか。お酒が飲めるならそういう場所に出入りして男性と意見を戦わすのもいいではありませんか。

要するにあなたという人物の存在を認めてくれる相手と話す機会を作ることが大切だと思います。意思を共有出来る相手です。そうでないと、ご主人と同じ部屋にいるだけで行き詰まりを感じるようになりますよ。身体と思考の分離を家の中で感じるようになってはいけません。

投稿日時 - 2017-06-07 13:52:13

ANo.5

相談者様
私も、上記のような皆様からの回答と同じ意見です。
ご主人様以外の、他の男性に心が移った時点で、それなりの覚悟と誠意を持って恋愛(不倫)を全うするのが、成人した大人の行動だと思います。
ご主人様だけでなく、不倫相手の男性も、相談者様の自己中心的な行動に振り回されて、このような非道徳的な生活を繰り返していたら、いつか相談者様に 天罰が下る と、肝に命じてください。

投稿日時 - 2017-06-07 13:49:11

ANo.4

もう2回も不倫経験をつまれているのですから、もうモラルを説いても意味がありませんね。多分また職場が変わり、丁度良い人がいたら、同じ事になるのでしょう。
あなたの場合、相手が本気になったら別れるという、非常に論理的な行動をとっておられます。このままで良いのでは無いでしょうか。年齢の話しで申し訳ありませんが、年齢を重ねるにつれて、貴方の体も、心も変わってくると思います。それも一つの生き方だと思いますよ。
でもそれが旦那さんを苦しめる可能性があることは、冷静に考えておいた方がよいとは思います。

投稿日時 - 2017-06-07 12:54:38

ANo.3

貴方は旦那さんの事を考えた事がありますか?
貴方が他の異性と不倫して満足したかもしれませんが、その間も何も知らず、旦那さんは黙々と生活の為、働いてた筈です。そんな大切な人がいながら、次から次へと、よく不貞行為ができますね。
今も隙あらば、相手を探していますよね。
もし、旦那さんにバレたら、彼にどんな辛い想いをさせるのか、ずっと信じてた人に裏切られる辛さがどんなに辛いことか分かりますか?
私は貴方と同じように、元妻の2年間の浮気により、家庭が壊れました。子供達にも辛い想いをさせましたし、今もそうだと思います。
どうか、自分にとって大切な人が誰なのか、もう一度再認識して下さい。そして、その人をもっと大事にしてあげて欲しいです。

投稿日時 - 2017-06-07 12:41:00

ANo.2

内観療法等で身の回りへの感謝を思い出すことで充足感を味わえるはずです。

今ならまだ間に合います。

投稿日時 - 2017-06-07 12:30:21

ANo.1

>殆どアルバイトの若い子ばかりで、毎日が楽しくないです。

ここです。ここがキモなんですよ。質問者さんて「チヤホヤされたい女」なんです。チヤホヤされると嬉しい。されないとつまらない、面白くない。そういう女性なのです。見た目が良くてモテる女性によくあるパターンです。

で、そういう女性の「チヤホヤされたい病」は、治りません・笑。行きつく先はだいたい2パターンです。
ひとつは叶姉妹のお姉さんのほう。もう死ぬまでチヤホヤされることにしがみつきます。基本的にあれが自分の未来の姿だと思っていいと思います。
もうひとつは、瀬戸内寂聴。煩悩の炎を燃やし尽くして出家に至ります・笑。江戸時代の小説で「好色一代男」っていうのがあるのをどこかで聞いたことがあります。その続編で「好色一代女」っていうのも井原西鶴は書いているのです。井原西鶴がすごい小説家だなって思うのは、好色一代女は男と女を入れ替えただけではなくて、「煩悩の思うがままに生きていた女が老年期に出家して庵に籠り、その庵を若い男が訪ねてきて昔話を語る」というスタイルをとっていることなんです。まさに瀬戸内寂聴ですね。ちなみに好色一代女の主人公も子供の頃から可愛い美人だとチヤホヤされ、一時は花魁になる(今でいうと人気アイドルみたいなものですね)も年齢と共に段々落ちぶれて色んな仕事を転々とするけれど、男も仕事も一ヵ所に落ち着くことができずに出家に至る、という流れになっております。

蛇足:私も何人か「チヤホヤされたい女」と関わったことがありますが、あの人たちの中でそれが治った人はいません。治るもへったくれも、元々チヤホヤされたいのがその人の本質だから治るものではないですよね。ちなみに「周りが若い女ばかりで自分がチヤホヤされないとムカつく」というのは全く同じですね。

投稿日時 - 2017-06-07 12:09:30