こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

正しいや常識について(追記)

重複した質問すみません。
追記しました。

できましたら、30代以上の方に回答をいただけたら嬉しく思います。
近年は、物事の判断に「正しい」や「常識」というものが通用しない。
常識が無くなりつつあると思うのですがどうなのでしょうか?

私個人的な考えとして、もし何かを判断するとき時、人に正誤を聞かれた時「正しいとは言えないけれど、(消去法で)それは間違いではなかったと思う」と言うまでに留めておくべきなのかなぁと思っています。

また、スマートフォンにより、個人がインターネットに触れる機会が増え、様々な意見や考えが溢れています。
主観的な意見は信用できず、かといってどこまでが客観的な情報かもわからず、最後は自分の目で見て聞いたものを信じるしかないという感覚を抱いています。

私は平成初期の生まれで、人口が密集した都市に暮らしています。
質問になるかわからないのですが、こういった感覚は、都市や地方に差がありますでしょうか?
また、同じ感覚を抱いている方はいらっしゃいますでしょうか?
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2017-04-18 15:08:18

QNo.9318966

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

「正しい」も「常識」も、属する集団により違うものです。
更に、「正しい」は、個人個人により判断が違うものです。

ネットにより、居住地域や職場などの狭い世界を越えたところの情報を普段から見るようになったので、以前よりも、狭い世界の常識や正しさが通用しなくなったでしょうね。

田舎はその地域で育った人が多いし、他人の生活に干渉するので同じ常識に染まった人が多数になりますが
都市部は各地から人が集まっているし、他人の生活に干渉しないので、多数派の常識というものがないかもしれませんね

客観的事実については
調べる能力と判断能力があればたどり着けると思いますが
ネットの情報は
「各人が、自分が見たいものしか見ない」という傾向があるようです
自分の見たいものしか見ない、ということになると
常識は崩壊し、通用しなくなると思います

投稿日時 - 2017-04-18 17:31:39

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

「正しい」や「常識」は人、時代、地域によって大きく異なります。
そのため、何が正しく何が常識か、なんて明確な基準はありません。

ただ、これだけ情報コストが下がった現代において、客観的事実と主観的事実を見抜く力は必要になってきます。
いろいろな意見や考えに触れながら、自分の意見を構築していけばいいと思います。

投稿日時 - 2017-04-25 00:09:36

ANo.4

近年は、物事の判断に「正しい」や「常識」というものが通用しない。
常識が無くなりつつあると思うのですがどうなのでしょうか?
   ↑
常識というのは、英語の方が解りやすく、
コモンセンスといいます。

つまり、その属する集団の共通の感覚
ということです。

近年は、各個人がバラバラで、そうした共通の
感覚、というのが一部崩壊しているかもしれません。



人に正誤を聞かれた時「正しいとは言えないけれど、
(消去法で)それは間違いではなかったと思う」
と言うまでに留めておくべきなのかなぁと思っています。
  ↑
私は正しいと思う、という返事でよいと
思いますが。



主観的な意見は信用できず、かといってどこまでが客観的な情報かもわからず、
最後は自分の目で見て聞いたものを信じるしかないという感覚を抱いています。
  ↑
正しいかどうかは、どう考えるか、という
問題でしょう。
絶対的な正しさが、客観的に存在する、という
モノではありません。

ワシントンは米国では建国の英雄ですが、英国では
反逆者です。
百年ぐらい前は、民主制は悪でした。



こういった感覚は、都市や地方に差がありますでしょうか?
   ↑
地方の方が、歴史的な正悪の概念が残っている
ということはあるかもしれません。



同じ感覚を抱いている方はいらっしゃいますでしょうか?
    ↑
正義論を勉強してみてはいかがでしょう。

キリスト教文化圏では、正悪の概念も神が創ったことに
なっていますので、時代や立ち位置に関係無い、
絶対的普遍的な正悪が存在するはずだ、ということで
正義論を何百年も議論しています。

日本は正悪などは時代や立ち位置により
変わる、と考える傾向があります。

投稿日時 - 2017-04-18 19:04:10

ANo.3

そうですよ、質問者さまのおっしゃる通りでございます。
ではなぜこのような時代になったかと言いますと、1980年代初期のころ、その年までさかのぼること戦後のころから虎視眈々と工作を企ててきた工作組織が…教育組織や政治組織の中に潜り込みまして日本国民に考えることをさせなくなる空気読み教育というものを最前線の現場に工作仕掛け実践させたからであります。
空気読み教育は最近でいえばよく分かるのが短文でのメールや投稿です。
短文にて、あとは相手に思わせぶらせて勝手に解釈させて勝手に解釈されたら違うと逆切れし攻撃するなど…これは工作員の企てきた人間作りそのものでありまして、国内などと大きな内乱を目指すより、まずはこういった日常での内乱が起こればしめしめなのでございます。
ですから夫婦は別れ、子も少なく…子が少なくなれば国も亡びるということに至るのでございます。
あとゲームソフトなどにより狡猾な戦略だけを身につけさせ、思いやり気持ちなどなくさせ、純粋な日本国民の心を吸い抜き、道義的感覚までをも骨抜きにする教育が施されてきた結果でございます。
さて、それならこれからどうすべきかと申せば質問者様の質問以外の回答となりますので控えさせていただきます。
以上ご参考になれば幸いです。
長文駄文お目通しいただきありがとうございました。
<(_ _)>

投稿日時 - 2017-04-18 17:44:18

ANo.1

常識と言うものは人や地域や年代などなど千差万別、ケースバイケースで違います。
沖縄の人の常識が北海道では通用するとは限らないし、関東の常識が関西では違ったりします。
若者にはスマホの使い方は常識かもしれませんが、ご年配の方で使いこなせるかは人によります。
会社によっては申請手順が独特な場合もあるでしょうが、その会社では常識です。
一言に常識、と言うと難しいかと思います。

投稿日時 - 2017-04-18 15:52:52