こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

なぜか右の鼻腔の奥が痛くなる。

ここ数年鼻の奥と扁桃腺の間あたりがよく痛くなり風邪を引いた状態になります。
必ず右の鼻の奥が最初に痛くなりそれが鼻の奥全体に広がり腫れたような感覚
が起きる頃には寒気やだるさなどの全身症状が出てきます。
熱はほとんど無く1週間ほどで収まりますが最近では同時に右の耳がおかしく
なり、鼻をかむと鼓膜が膨張(気圧変動時の現象に似た)する、
聞こえにくい、違和感があるなどの症状が併発してきます。
耳の症状は風邪が収束した後もかなり長引きます。
以前、医者(内科)行ったところ普通の風邪として抗生物質等を処方されましたが
いままで風邪に効いた薬は1度もありません。
生まれつき粘膜が弱いと言われ常に鼻は詰まった状態です。
小学生の頃に耳鼻科に数年通い、謎の蒸気吸入、薬を飲みつづけましたが
なにも変わりませんでした。
対症療法ではない根本的な治療法はないものでしょうか?
(非科学的な民間療法はお断りします)

投稿日時 - 1999-11-19 02:17:18

QNo.437

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

24人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

耳鼻咽喉科はばりばりに専門外なのですが(苦笑)、症状からすると副鼻腔炎or/and
慢性扁桃炎ではないかと思います。

耳の症状は、鼻の奥から喉にかけての部分に中耳へと続く開口部が左右ふたつあり、
それが炎症による腫脹でふさがれてしまうためです。耳症状が長引くのは、耳管開口部
から感染が中耳へと波及し、軽い中耳炎を起こしている可能性があります。また、風邪様
症状が頻発するのは、感染巣がそこに残ったままだからでしょう。

どちらであってもまずは薬物療法(抗生剤、非ステロイド系消炎鎮痛剤)を試みるのが
基本ですが、薬物によく反応しない場合の根治療法は手術ということになります。

特に慢性扁桃炎だとすると、prog001さんのように繰り返し増悪するものや中耳炎を頻発
するケースでは手術適応になりますから、お近くの耳鼻咽喉科へ行かれて相談してみて
ください。最近の扁桃摘出術は全身麻酔下で行なうようなので、最初から少し大き目の
病院に行かれた方が二度手間にならずにすむかもしれません。

投稿日時 - 1999-11-20 15:24:50

ANo.1

改めて耳鼻咽喉科に行くことをお勧めします。
小学生の頃よりは、自分の症状を自分の言葉で医者に伝えられるでしょうし、
納得して、治療を受けるかどうかの判断も出来るでしょうし。
参考までに、yahoo!のカテゴリを下記に示します。
 http://www.yahoo.co.jp/Health/Medicine/Otolaryngology/ 

投稿日時 - 1999-11-19 08:48:40